名西郡石井町藍畑 O様邸 屋根・外壁塗装工事施工事例一覧

  • 無料!国交省ガイドブックプレゼント
  • 無料相談・無料診断

名西郡石井町藍畑 O様邸 屋根・外壁塗装工事

名西郡石井町藍畑O様邸① 仮設足場組立・コーキング打ち替え

2022.11.22

≪仮設足場組立≫

石井町藍畑O様邸の屋根・外壁塗装工事が始まりました。しばらくの間、近隣の皆様方には大変ご迷惑をお掛けしますがご理解・ご協力をお願い申し上げます。

≪高圧洗浄(水洗い)≫

塗装前の下処理として、高圧洗浄を行います。業務用ガソリンエンジン式の洗浄機を使用して建物の汚れを落としていきます。

屋根・高圧洗浄中
外壁・高圧洗浄中
軒天・高圧洗浄中
≪before⇒after≫
屋根・before
屋根・after
軒天・before
軒天・after
雨戸・before
雨戸・after
≪コーキング打ち替え≫

窯業系サイディングボードの継ぎ目には、雨水の侵入を防ぐ為にコーキング材が充鎮されています。外壁塗装工事の際は、経年劣化したコーキングの打ち替え工事が必要になります。

目地部はハットジョイナーという部材が通常よりも出ていましたので少し加工させて頂きました。

≪ボンドブレーカー貼付け≫

目地部に“ボンドブレーカー”と呼ばれる緑色の専用テープを貼り付けします。

通常コーキング材の接着面は目地奥(底部)を除く、両端の2面接着になります。一見すると、目地奥と両端の3面をきっちり密着させることのほうが良いように思われがちですが、3面接着の場合、外壁材の反り建物の揺れに対して柔軟に対応できず、目地が動いた場合にコーキング材が切れてしまいます。

こういった不具合を防ぐ為に、ボンドブレーカーを入れて目地奥(底側)への接着を防ぎます。

ボンドブレーカー貼り付け
外壁材とコーキングの密着性を向上させるために“接着剤”のような役割をするプライマーを塗布します。
≪コーキング打ちならし≫

プライマー乾燥後、コーキング材を充鎮しヘラ等でならして仕上げます。

建物のコーキング部分は、雨水の侵入を防ぐための「防水工事」になりますので重要です。安心工房では、経験豊富な専属の職人がしっかりと施工させて頂きますのでご安心ください👆

コーキング材を隙間なく充鎮していきます。
空気が入らないように押さえながら素早く仕上げます。
外壁目地・コーキング施工後
サッシ廻り・コーキング施工後
使用材料缶「オートンイクシード」

名西郡石井町藍畑O様邸➁ 屋根しっくい工事・屋根下塗り・外壁下塗り・中塗り・木部塗装

2022.11.28

【屋根・外壁塗装工事を行っている名西郡石井町藍畑O様邸の作業内容をご紹介します】

≪屋根しっくい工事≫

スレート瓦の屋根漆喰(しっくい)工事の作業状況です。漆喰部分の劣化は20年前後で出てくるものですが、家の下から見上げても劣化状態は気付きにくいこともあり、漆喰のダメージは見過ごされてしまう事が多いです。

その為剥がれた漆喰部分から雨水に浸食され、気付いた時には棟全体がダメージを受けているというケースもあります。

屋根塗装の前にしっかりと点検を行い、適切な補修工事をすることが大切です。

屋根漆喰工事・施工後①
屋根漆喰工事・施工後➁
屋根漆喰工事・施工後③
塗装工事に入る前に、割れている瓦は新しい瓦へ差し替えます。
屋根瓦差し替え後
少しの割れも見逃さないようにチェックしています。
屋根瓦差し替え後
≪屋根下塗り≫

屋根の補修が完了後、下塗り工程へと移ります。

使用塗料はスズカファイン「ベスコロフィラーCOOL」。

遮熱塗料専用の下塗り材で、傷みの進行したスレート瓦の下地調整(凹凸などを埋める)に優れています。また遮熱効果もあるので紫外線をブロックし、上塗り塗料とダブルの効果で反射率をUPさせます。

屋根下塗り「ベスコロフィラーCOOL」
屋根下塗り・塗装後
棟瓦を固定している銅線の穴から雨水が侵入しないようにコーキングで処理します。
≪外壁下塗り≫

続いて外壁下塗りの作業状況です。使用塗料はアステックペイント「エピテックフィラーAEⅡ」。

“微弾性フィラー”とも呼ばれている下塗り材で、「密着性」はもちろん「塗膜に追従性」があるので軽微なひび割れは埋めてしまう下地調整も兼ね揃えた塗料です。

また、エピテックフィラーAEⅡを塗装することで、外壁材への吸い込みが無くなりますので、中塗り・上塗りの仕上がりがより一層よくなります。

外壁下塗り「エピテックフィラーAEⅡ」
外壁下塗り・塗装後
使用材料缶
≪外壁中塗り≫

外壁下塗り後、中塗り作業へと進んでいきます。ここからがお客様に選んで頂いた外壁色を塗装する工程となります。

使用塗料はアステックペイント「超低汚染リファイン1000MF-IR」。

超低汚染⇒微密で水となじみやすい塗膜が外壁汚れの付着を防ぐだけでなく、付着した汚れを雨水で洗い流す効果があるので、塗り替えた後の美観を保つ。

高耐候性⇒フッ素樹脂と無機成分の結合により、メーカー期待耐侯年数は20~24年。(※立地条件、外壁の状態により異なります)

遮熱性⇒太陽光を反射することで、室内の温度上昇を抑え、塗膜が汚れにくいので遮熱効果も長持ちする。

上記のような多機能性に優れた塗料です。

外壁中塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」
外壁中塗り・塗装後
外壁中塗り・塗装後
≪木部塗装≫

続いて木部塗装作業です。電動工具を使用し、古い塗膜をできるだけ剥がします。

手間がかかる作業ですが、こうした地味な下地調整が仕上がりに大きな影響を及ぼすので、
とても重要になります。
木部下塗り・「カンペ1液M木部用下塗り」塗装中
木部塗装下塗り・塗装後

木部は予想以上に下塗り塗料の吸込みがありましたので、乾燥後にもう一度塗装を行います👆