徳島市名東町 A様邸 屋根葺替工事・外壁塗装工事施工事例一覧

  • 無料!国交省ガイドブックプレゼント
  • 無料相談・無料診断

徳島市名東町 A様邸 屋根葺替工事・外壁塗装工事

徳島市名東町A様邸① 仮設足場組立・屋根葺替え工事・高圧洗浄・コーキング打ち替え

2022.06.13

数日前に近隣の皆様へ「工事のお知らせ」と挨拶回りを済ませ、A様邸の屋根葺き替え工事外壁塗装工事が始まりました。

しばらくの間、近隣住宅の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

≪仮設足場組立≫

屋根工事の際に発生する瓦のガラ、外壁塗装の塗料飛散防止の為に、全面をメッシュシートで養生。

また今回の現場周りは、住宅が密集していますので工事の際には特に気を付ける必要があります。工事の品質は当たり前ですが、工事によるトラブルを未然に防ぐ事も、私たち専門業者の役目です。

≪屋根葺き替え工事≫

A様邸の屋根材はスレート瓦でした。工事前の現地調査(見積り)の際に、屋根を見させていただいたところ、瓦の破損ひび割れが多く発生している状態でした。築年数(約35年)から考えても、塗装メンテナンスでは耐久性に問題が残りますので、2階部分の屋根材を新しい瓦に交換することでご提案させて頂きました。

解体前のスレート瓦

≪屋根瓦解体・めくり≫

既存のスレート瓦を解体(撤去)する作業です。

屋根瓦・解体後
≪防水シート貼り≫

解体後、雨などに備えて当日中に防水シート(ルーフィング)を貼りました。

防水シート貼り・施工後
防水シートは2重貼りを行っています。
≪瓦桟取付≫

瓦桟(かわらざん)は、新しい屋根瓦の下地になる細い木材の事です。この瓦桟に瓦を引っ掛けて釘止めで一枚一枚固定するようになります。

瓦桟・取付後
≪屋根瓦葺き≫

下地が完成したら、いよいよ屋根瓦を葺いていきます。今回葺き替えする屋根材は、“粘土瓦”(陶器瓦)です。粘度瓦は、スレート瓦のように塗装メンテナンスの必要がありませんので、長い目で見ると経済的でコストパフォーマンスに優れています。

また、防災瓦になりますので台風の強風や地震による揺れに対応する構造になっていますので、見た目の高級感と機能性の両方を備えた屋根材です。

屋根瓦葺き(地伏せ)
次回、矢印部分に南蛮漆喰を詰めて棟瓦を固定し完工になります(^^)
≪高圧洗浄≫

外壁塗装前の高圧洗浄状況です。

(1F)下屋根は塗り替えを行いますので古い塗膜や汚れを高圧洗浄で落とします。
外壁・高圧洗浄作業
高圧洗浄後・外壁はチョーキング(手で触ると白い粉が付く状態)が酷かったので、特に見落としの無いように汚れを落としていきました。
≪コーキング打ち替え≫

外壁目地やサッシ廻りのコーキング打ち替え状況です。

外壁目地・コーキング施工後
サッシ廻り・コーキング施工後
目地&サッシ廻り・コーキング施工後
軒天と外壁の際にあるコーキングもしっかり打ち替えしております👆

コーキング施工後、しっかりと乾燥させてから(4~5日間)、外壁塗装工事に取り掛かります(^^)

徳島市名東町A様邸➁ 養生作業・軒天塗装・外壁下塗り

2022.06.24

【屋根葺き替え工事・外壁塗装工事を行っている徳島市名東町A様邸の作業内容をご紹介します】

≪養生作業≫

養生作業の状況です。窓(サッシ)や床などの“塗装しない部分”に塗料が飛散しないようにビニール材やシートなどで覆います。外壁塗装の工程で言えば、地味な作業になりますが養生をどれだけ丁寧に行うかで塗装の完成度が決まると言っても過言ではありません。

サッシ枠に貼るマスキングテープがガタガタになっていたり、塗装しない部分に塗料が付着していれば、外壁をきれいに塗り替えたとしても台無しになってしまいます。

手間を省こうとすれば、どうにでもなってしまう作業だからこそ、こういった目立たない部分が丁寧に行われている現場は、塗装の完成度も期待できるはずです。

壁面に設置してある配線類やボックスなども取外します。
養生作業完了
≪軒天塗装≫

ここから塗装作業に取り掛かります。

軒天=軒裏の事です。基本的に外壁塗装工程では建物の高い所から順番に作業を進めていきます。軒天は湿気の溜まりやすい部分になりますので、透湿性の高い軒天専用塗料を使用します。

日本ペイント:「ケンエースGⅡ」

この塗料は基本的に「シーラーレス」と言って、塗り替えの場合は下塗り工程をする必要はありません。
「ケンエースGⅡ」1回目・塗装後 (*つや消しの落ち着いた仕上がりになります)

翌日も軒天塗装の続きを行いました。2回目の仕上げ作業状況です。

「ケンエースGⅡ」2回目・塗装後
≪外壁下塗り≫

外壁塗装1回目の下塗り工程です。下塗り塗料は、外壁材との密着性を向上させる役割や経年劣化で傷んだ外壁表面の凹凸を埋めてカバー(目立たなく)する機能もあります。

刷毛ローラーを使って塗装を行っていきます。
パーフェクトサーフ・塗装後
パーフェクトサーフ・塗装後
外壁下塗り・使用材料缶