名西郡石井町藍畑 O様邸 外壁塗装工事施工事例一覧

  • 無料!国交省ガイドブックプレゼント
  • 無料相談・無料診断

名西郡石井町藍畑 O様邸 外壁塗装工事

名西郡石井町藍畑O様邸① 仮設足場組立・高圧洗浄・コーキング打ち替え

2022.10.18

≪仮設足場組立≫

石井町藍畑O様邸の外壁塗装工事が始まりました。しばらくの間、近隣の皆様方には大変ご迷惑をお掛けしますがご理解・ご協力をお願い申し上げます。

≪高圧洗浄≫

塗装工事に入る前にまずは高圧洗浄機を使って苔や藻などの汚れ、劣化した塗膜を丁寧に落としていきます。

外壁・高圧洗浄中
付帯部・高圧洗浄中
≪before⇒after≫
軒天・before
軒天・after
破風板・before
破風板・after
外壁・before
外壁・after
ベランダ・before
ベランダ・after
≪コーキング撤去≫

窯業系サイディングボードの継ぎ目には、雨水の侵入を防ぐ為にコーキング材が充鎮されています。外壁塗装工事の際は、経年劣化したコーキングの打ち替え工事が必要になります。

まずは建物全体の目地サッシ廻りの撤去作業を行います。

外壁目地・コーキング撤去
サッシ廻り・コーキング撤去
≪1F外壁・コーキング打ち替え≫

コーキング撤去後、外壁材とコーキングの密着性を向上させるために、充鎮部に専用プライマーを塗布します。

1F外壁目地・プライマー塗布
1Fサッシ廻り・プライマー塗布

プライマー乾燥後、コーキング材を専用ガンで充鎮していきます。

1Fコーキング材充填

充鎮したコーキング材をヘラで仕上げていきます。

1Fコーキングならし
1F外壁目地・コーキング施工後
1Fサッシ廻り・コーキング施工後
使用材料缶
≪2F外壁・コーキング打ち替え≫

1Fと同じ手順でコーキング打ち替え作業を行っていきます。

2F外壁目地・プライマー塗布
2Fサッシ廻り・プライマー塗布
2F外壁目地・コーキング材充鎮
2Fサッシ廻り・コーキング充填
2Fコーキングならし
2Fサッシ廻り・コーキング施工後
2F外壁目地・コーキング施工後
2F外壁目地・コーキング施工後
使用材料缶

名西郡石井町藍畑O様邸➁ 軒天塗装・外壁下塗り・中塗り・上塗り・付帯部塗装

2022.10.29

【外壁塗装工事を行っている名西郡石井町藍畑O様邸の作業内容をご紹介します】

≪軒天塗装≫

前回のコーキング打ち替え後しっかりと乾燥期間をとってから、窓サッシなどの養生を行いまして塗装工程がスタートしました。(*コーキングの材料によって変わりますが、7日間前後は硬化時間が必要です)

軒天=軒裏の事です。

基本的に外壁塗装工事工程では建物の高い所から順番に作業を進めていきます。また軒天は湿気が溜まりやすい部分になりますので、透湿性の高い軒天専用の“つや消し塗料”を刷毛やローラーで塗装します。

下地処理:新築施工時の釘穴を埋めているパテがやせている部分をパテ付けし、平滑にします。
軒天塗装1回目・日本ペイント「ケンエースGⅡ」
軒天塗装1回目・塗装後
軒天塗装2回目・仕上げ工程です。
軒天塗装2回目・塗装後
≪外壁下塗り≫

続いて、外壁下塗り作業状況です。

使用塗料はアステックペイント「プレミアムSSシーラープライマー」。

「主材」と「硬化剤」を混合する2液形の水性塗料ですので密着性に優れています。

一般的に密着性が悪いと言われるフッ素光触媒無機系塗膜の上にも塗り替え可能な万能な下塗り塗料です。

外壁下塗り・アステックペイント「プレミアムSSシーラープライマー」
外壁下塗り・塗装後
使用材料缶
≪付帯部塗装≫

付帯部塗装の作業状況です。

使用塗料はアステックペイント「マックスシールド1500F-JY」。

弱溶剤2液フッソ塗料で、期待耐侯年数は約16~20年

塗料選びの際には、屋根や外壁だけに注目しがちですが、付帯部にも高耐候塗料を使用して耐用年数のバランスを合わせることが重要です。

塗料の密着性を向上させるために、ステンレス金具には専用プライマーを塗ります。
破風板塗装・「マックスシールド1500F」1回目
雨どい塗装・「マックスシールド1500F」1回目
破風板塗装・「マックスシールド1500F」2回目
雨どい塗装・「マックスシールド1500F」2回目
使用材料缶
≪外壁中塗り≫

続いて、外壁中塗り作業状況です。ここからがお客様に選んで頂いた仕上げ色を塗装する工程となります。

使用塗料はアステックペイント「超低汚染リファイン1000MF-IR」。

超低汚染性→微密で水となじみやすい塗膜が外壁汚れの付着を防ぐだけでなく、付着した汚れを雨水で洗い流す効果があるので、塗り替え後の美観を保つ。

高耐候性→フッソ樹脂と無機成分の結合により、期待耐侯年数は20~24年と外壁用塗料の中でも紫外線に対して高い耐候性があります。

遮熱性→室内の温度上昇を抑え、塗膜が汚れにくいので遮熱効果も長持ちする。

上記のような多機能性のある優れた塗料です。

2F外壁中塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」
2F外壁中塗り・塗装後
2F外壁中塗り・塗装後
1F外壁中塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」
1F外壁中塗り・塗装後
≪外壁上塗り≫

仕上げ工程の外壁上塗り作業状況です。

安心工房では、中塗りと上塗りの塗装間隔(インターバル)は12時間以上です。

中塗り塗装をしっかりと乾燥させてから塗り重ねるようにしています(^^)

2F外壁上塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」2回目
2F外壁上塗り・塗装後
1F外壁上塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」2回目
1F外壁上塗り・塗装後

名西郡石井町藍畑O様邸③ 外壁上塗り・シャッターBOX塗装・木部塗装・ベランダ塗装・鉄扉塗装

2022.11.16

【外壁塗装工事を行っている名西郡石井町藍畑O様邸の作業内容をご紹介します】

≪外壁上塗り≫

外壁上塗り作業状況です。O様邸の北面外壁にはコケや藻の繁殖が多く見られましたので、「アステックプラスSW」を外壁塗料に添加し塗装させていただきました。アステックプラスSWは、防カビ性防藻性に優れており、約2000種もの菌に対して効果を発揮します。

元々塗料の中にも防藻・防カビ性は入っていますが、より高い効果が期待できます。

2F外壁上塗り「超低汚染リファイン1000MF-IR」2回目 *(北面東面)
2F外壁上塗り・塗装後
2F外壁中塗り・上塗り「使用材料缶」
1F外壁中塗り・上塗り「使用材料缶」
≪シャッターBOX塗装≫

外壁塗装が完了後、細部塗装に取り掛かります。

窓枠はアルミサッシになるので塗装はできませんが、シャッターBOXの多くは“スチール製”になるので塗装可能です。塗装をすることで見た目も良くなりますし、錆の発生も防ぐことに繋がります(^^)

まず付着性を向上させるためにケレン作業を行います。細かいサンドペーパーで表面を目荒しします。
シャッターBOX塗装・1回目
シャッターBOX塗装・2回目
シャッターBOX・塗装後
≪木部塗装≫

勝手口の上にある庇(ひさし)です。化粧垂木と呼ばれるのが一般的で、ボードなどで覆わず木材を露出させた工法になります。

このような木部の塗り替えでは外壁用塗料は使用せず、木目を生かした仕上りにする為に、“木材保護塗料”で塗装を行います。

外壁用塗料は表面に膜を作りますが、木材保護塗料は木材内部に塗料が浸透しますので、経年劣化した際も塗料がボロボロになって取れる心配もありません。

木部塗装・1回目
木部塗装・2回目
木部・塗装後
≪ベランダ塗装≫

ベランダ床面のFRP防水です。防水層に亀裂や浮きの問題はありませんので、紫外線や雨水から保護する役割のトップコートを塗装します。

下塗り:プライマーを塗布することで密着性が向上します。
上塗り:トップコートを塗布して防水層を保護します。
≪鉄扉塗装≫

鉄製扉の塗装状況です。雨風の影響を大きく受ける外部の扉などは、錆が進行してしまう前に早めのメンテナンスを行うことで素材が長持ちします。

鉄扉・下塗り(錆止め)
下塗り塗装後
鉄扉・中塗り「マックスシールド1500F-JY」1回目
鉄扉・上塗り「マックスシールド1500F-JY」2回目
鉄扉・塗装完了後