名西郡石井町高川原 A様邸 外壁塗装工事施工事例一覧

  • 無料!国交省ガイドブックプレゼント
  • 無料相談・無料診断

名西郡石井町高川原 A様邸 外壁塗装工事

名西郡石井町高川原A様邸① 足場組立・高圧洗浄・コーキング打ち替え

2024.05.31

≪仮設足場組立≫

名西郡石井町高川原A様邸の屋根・外壁塗装工事が始まりました。しばらくの間、近隣の皆様方には大変ご迷惑をお掛けしますがご理解・ご協力をお願い申し上げます<m(__)m>

≪高圧洗浄(水洗い)≫

塗装工事に入る前にまずは高圧洗浄機を使って苔や藻などの汚れ劣化した塗膜を丁寧に落としていきます。

塗装面の洗浄を行うことで、塗料の付着性の向上や仕上り(美観)、耐久性にも影響しますので欠かせない工程になります👆

軒天・高圧洗浄中
外壁・高圧洗浄中
≪before⇒after≫
軒天・before
軒天・after
外壁・before
外壁・after
ベランダ・before
ベランダ・after
≪コーキング打ち替え≫

外壁サイディングボードの目地(継ぎ目)やサッシ窓の周りには、主に雨水の侵入を防ぐためにコーキング材が充鎮されています。

塗装と同じようにコーキング材も劣化しますので、外壁塗装前に新しく打ち替える必要があります。

まずはカッターなどで古いコーキング材を全て撤去します。

外壁目地・コーキング撤去後
外壁目地・コーキング撤去後
サッシ廻り・コーキング撤去後
サッシ廻り・コーキング撤去後
撤去済みコーキング材

既存のコーキングは基本的に撤去するのが望ましいです。コーキングを剥がさずに、そのまま上に「増し打ち」するだけではコーキング材の厚みが不足し、耐久性に大きな影響が出るためです。

安心工房では、既存のコーキングを全撤去する「打ち替え」を行うようにしています👆

≪プライマー塗布≫

マスキングテープ養生後、外壁材と接着性を向上させる為にプライマーを塗布します。

外壁目地・プライマー塗布
外壁目地・プライマー塗布
サッシ廻り・プライマー塗布
サッシ廻り・プライマー塗布
≪コーキング充鎮・ヘラ仕上げ≫

続いて、コーキング材を外壁目地やサッシ廻りに充鎮し、ヘラ等でならして仕上げていきます。

外壁目地・コーキング充填
外壁目地・コーキング充填
サッシ廻り・コーキング充填
サッシ廻り・コーキング充填
外壁目地・コーキングうちならし
サッシ廻り・コーキングうちならし
外壁目地・コーキングうちならし
サッシ廻り・コーキングうちならし
≪after≫

塗装前のコーキング打ち替え工事が完了しました(^^)

コーキング色はそれぞれの外壁塗装の色に合わせて「ベージュ」、「ダークグレー」と使い分けました👆

コーキング乾燥後(5日~7日間程度)、軒天塗装、外壁塗装と工事を順に進めていきます。

コーキング施工後①
コーキング施工後➁
コーキング施工後③
コーキング施工後④
コーキング施工後⑤
コーキング施工後⑥

使用材料はオート化学の「オートン超耐シーラーTF2000」。

高耐候性のシーリング材です。(メーカー期待耐侯年数 約20年)

使用材料缶「ベージュ」
使用材料缶「ダークグレー」

名西郡石井町高川原A様邸② 軒天塗装・外壁塗装・雨樋塗装・破風板塗装

2024.06.15

【外壁塗装工事を行っている名西郡石井町高川原A様邸の作業内容をご紹介いたします】

≪軒天塗装≫

コーキング打ち替え工事が完了後、しっかりと乾燥させてから塗装工事がスタートです👆

まずは軒天塗装の下塗りです。下塗り材は既存の材質との密着性を高めるだけでなく、塗料の吸い込みを防止する役割も果たします。

軒天下塗り「ワイド浸透シーラー」塗装中
軒天下塗り・塗装後
軒天下塗り・塗装後
使用材料缶

続いて、中塗り作業です。ここからが色付けの工程になります。

使用塗料はアステックペイント「マルチエースⅡ」。

弱溶剤系塗料で、つや消しタイプで落ち着いた仕上がりになります

また軒天は日が当たらない場所なので湿気を多く含んでいるため、カビや苔が繁殖しやすい箇所です。「マルチエースⅡ」は防カビ・防藻効果に優れているので、お家の美観を長期間保つことが可能です。

軒天塗装 中塗り「マルチエースⅡ」塗装中
軒天塗装 中塗り・塗装後
軒天塗装 中塗り・塗装後

中塗り乾燥後、上塗りを塗装して仕上げていきます(^^)

軒天塗装 上塗り「マルチエースⅡ」塗装中
軒天塗装 上塗り・塗装後
軒天塗装 上塗り・塗装後
使用材料缶
≪外壁下塗り(アイボリー壁)≫

軒天塗装完了後、外壁下塗り作業です。

使用塗料はアステックペイント「プレミアムSSシーラープライマー」。

フッ素・光触媒・無機塗料など一般的に付着性が悪いと言われる特殊なコーティングが施された塗膜にも対応可能な密着性にとても優れた二液形の水性下塗り材です。

比較的外壁材の傷みが少ない場合(前回塗装の光沢が残っている)や、現状の外壁塗装の種類(フッ素・光触媒・無機)が不明なときに使用します。

外壁下塗り「プレミアムSSシーラープライマー」塗装中
外壁下塗り・塗装後 *ホワイト
外壁下塗り・塗装後 *ホワイト
外壁下塗り・塗装後 *ホワイト
≪外壁下塗り(グレー壁)≫

続いて玄関周りの外壁材(グレー)にも「プレミアムSSシーラープライマー」を塗装します。

外壁下塗り「プレミアムSSシーラープライマー」塗装中
外壁下塗り・塗装後 *グレー
外壁下塗り・塗装後 *グレー
外壁下塗り・塗装後 *グレー
使用材料缶 色:ホワイト
使用材料缶 色:グレー
≪外壁中塗り≫

続いて、外壁中塗り作業へと進んでいきます。ここからがお客様に選んで頂いた外壁色を塗装する工程となります。

使用塗料はアステックペイント「フッ素REVO1000IR遮熱」。

塗るだけで遮熱効果が期待できるだけでなく、従来のフッ素成分を2倍(※メーカー調べ)配合。さらに塗膜の劣化要因を発生させてしまうラジカルの放出を抑制する「ラジカル抑制型白色顔料」を採用。従来のフッ素塗料以上の耐候性を発揮する“高耐候型ハイクラスフッ素塗料”です👆

また建物のイメージを崩してしまわないように、塗料の光沢(ツヤ)を“艶消し仕上げ”にしました👆

外壁中塗り「フッ素REVO1000IR遮熱」塗装中 
外壁中塗り・塗装中
外壁中塗り・塗装後 *つや消し
外壁中塗り・塗装後 *つや消し
外壁中塗り・塗装後  *つや消し
≪外壁上塗り≫

中塗り乾燥後、外壁上塗り作業を行います。

塗り残しなどを丁寧に確認しながら「フッ素REVO1000-IR」をもう一度塗り重ねていきます。

外壁上塗り・塗装中
外壁上塗り・塗装後 *つや消し
外壁上塗り・塗装後 *つや消し
外壁上塗り・塗装後 *つや消し
外壁上塗り・塗装後 *つや消し
≪アステックプラスSW≫

外壁塗料には強力な防カビ防藻添加剤「アステックプラスSW」を添加し塗装を行いました👆長期間に亘って、コケやカビなどの繁殖を抑制します。

使用材料缶
≪美壁color工法・ベース1回目≫

続いて玄関周りの外壁(グレー)の塗装作業に移ります。

外壁下塗り乾燥後、「美壁color工法」のベース塗装1回目を行います。

美壁color工法とは、単色塗り(1色)の塗装方法と違って、外壁側を2色・3色と使って塗装を行う「デザイン塗装」になります。

既存のサイディングの柄(デザイン)が気に入っているので、塗り替え後も“意匠性を残した仕上りにしたい”といったお客様のご要望にお応えができる「塗装方法」になります👆(最近特に人気のプランになっています)

美壁color工法(ベース塗り)1回目「REVOトップワンSi」塗装中
美壁color工法(ベース塗り)1回目・塗装後
美壁color工法(ベース塗り)1回目・塗装後
美壁color工法(ベース塗り)1回目・塗装後
≪美壁color工法・ベース2回目≫

ベース1回目が乾燥後、ベース2回目を塗り重ねていきます。

ここでは塗装の膜厚(厚み)に気を付けながら、たっぷりと塗装を行います👆

美壁color工法(ベース塗り)2回目・塗装中
美壁color工法(ベース塗り)2回目・塗装後
美壁color工法(ベース塗り)2回目・塗装後
美壁color工法(ベース塗り)2回目・塗装後
≪美壁color工法・模様塗り≫

いよいよ、ここから美壁color工法の最大の特徴である(デザイン塗装)

模様塗り」を行っていきます👆

美壁color工法(模様塗り)「REVOトップワンSi」塗装中

「模様塗り」工程を行うことによって、単色(1色)でのっぺりとした印象の外壁から、外壁の模様(凹凸)の浮き出た立体的な外壁デザインへと生まれ変わります✨

美壁color工法(模様塗り)・塗装後
美壁color工法(模様塗り)・塗装後
美壁color工法(模様塗り)・塗装後

ある程度ランダムに仕上がるように模様付けを行っていきますが、部分的に模様が多かったり、少なかったりすると、せっかくのデザイン塗装が台無しになってしまいますので慎重に作業を進めていきました^^;

またデザイン塗装の場合は、現場で作業をする職人とのイメージの食い違いがある事も想定されますので、塗装後に代表の岡田が必ず仕上り確認を行っております。

使用材料缶(ベース塗り)
使用材料缶(模様塗り)

模様塗りをしっかりと乾燥させてから、最後に紫外線から塗膜を保護する役割の「トップコート」を塗装して完成です♪

≪雨樋塗装≫

付帯部の雨樋塗装に入ります。まずは下地処理の“ケレン作業”からです。

表面に細かな傷をつけて塗料の付着性が良くなるように下地処理を行います。

ケレン作業
ケレン作業

続いて、下塗り作業です。使用塗料は関西ペイント「アレスダイナミックプライマー」。

万能型の下塗り塗料で、「アルミ」「樹脂」「木部」などの様々な素材にも優れた付着力で上塗り材との密着性を向上させます。

雨樋下塗り「アレスダイナミックプライマー」塗装中
雨樋下塗り・塗装中
雨樋下塗り・塗装後
雨樋下塗り・塗装後
使用材料缶

中塗り・上塗り塗料はアステックペイント「マックスシールド1500F(フッソ)」。

弱溶剤2液形フッソ塗料で、期待耐候年数は約16年~20年。

塗料選びの際には、屋根や外壁だけに注目しがちですが、付帯部にも高耐候塗料を使用して耐用年数のバランスを合わせることが重要になります👆

雨樋塗装 中塗り「マックスシールド1500F」塗装中
雨樋塗装 中塗り・塗装後
雨樋塗装 中塗り・塗装後
雨樋塗装 上塗り「マックスシールド1500F」塗装中
雨樋塗装 上塗り・塗装後
≪破風板(はふいた)塗装≫

破風板塗装も雨樋塗装と同じ手順で作業を行っていきます。

下地処理・ケレン作業
破風板下塗り「アレスダイナミックプライマー」塗装中
破風板下塗り・塗装後
破風板塗装 中塗り「マックスシールド1500F」塗装中
破風板塗装 中塗り・塗装後
破風板塗装 上塗り「マックスシールド1500F」塗装中
破風板塗装 上塗り・塗装後
雨樋・破風板「使用材料缶」